トップページ > 移住地を探す > ペルー
海外移住とは?移住までの流れ退職者ビザについて移住地を探す移住後のサポート
アンデスの山々にこだまするフォルクローレの音楽、鮮やかな民族衣装をまとった先住民(インディヘナ)の人々、神秘的な古代遺跡、アマゾンの秘境―南米といわれて思い浮かべるイメージをそのまま持ち合わせた、南米のダイジェストともいえる魅力が詰まった国ペルー。国土は日本の約3.4倍、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接しており、ほぼ赤道直下から南緯18度にわたる変化に富んだ地勢をもつ。そのため、年間を通じてほとんど雨の降らない乾燥した砂漠から、標高6000m級の雄峰が連なるアンデスの高地、ジャングルに覆われたアマゾン川流域の密林地帯まで、変化に富んだ風土と気候が存在しているのだ。アマゾンといえば真っ先にブラジルを思い浮かべる人も多いが、実はペルーの国土の約50%がアマゾンの熱帯雨林地帯となっている。あの流域面積世界一を誇るアマゾン川は、ペルーのアンデスを源流としてブラジルへと注いでいるのだ。ひとつのクニオでこれだけ多彩な自然環境をもっているため、旅する地域によって全く異なる文化や風習に触れることができるのだ。
また、かつて南米最大の帝国を築 いたインカをはじめ、紀元前から栄えてきた古代文明の数々もペルーのおおきな魅力のひとつだ。謎の空中都市といわれるマチュピチュ、乾燥した大地に刻まれたナスカの地上絵、ワラス近郊に残るチャビン遺跡、チクラヨ近郊のシパン遺跡など、いまだに多くを解明されていない遺産が、ペルーにはいくつも残されてい る。旅をしていると、何千年も昔に造られた建造物が当たり前のように現代の風景に馴染んでいるのを見ることができるだろう。 人々の活気と喧噪に満ちた南米独自の空気を体感したかと思えば、ときに静寂にたたずむ神秘的な遺跡を眺めて遠い過去を身近に感じることができる、そんな不思議な魅力も、ペルーの旅をさらにおもしろくしている。
国名 ペルー
正式国名 ペルー共和国 Republica de Peru
国歌 ペルー国歌
面積 128万5216km2 日本の約3.4倍
人口 2754万7000人(2004年)
首都 リマ Lima
元首 アラン・ガブリエル・ガルシア・ペレス Alan Gabriel GARCIA Perez 2006年7月〜任期は5年。
政治体制 大統領を元首とする立憲共和制
民族構成 インディヘナ(先住民)45%、メスティソ(先住民とスペイン人の混血)37%、ヨーロッパ系15%、そのほか3%。
宗教 ローマ・カトリック95%、ほか土着宗教。/td>
祝祭日 1月1日 元旦
3月下旬〜4月下旬 セマナ・サンタ(聖週間)
5月1日 メーデー
6月24日 農民の日
6月29日 サン・ペドロとサン・パウロの日
7月28日、29日 独立記念日
8月30日 聖女ロサの祭り
10月8日 アンガモスの戦いの日
11月1日 諸聖人の日
12月8日 聖母受胎の日
12月25日 クリスマス
その他 【おもな産業】
鉱物資源が豊富にあり、銅、金、スズ、鉄などが輸出の多くを占める。また石油や天然ガスも産出している。農業ではレモンやライム、トウモロコシ、綿花などが代表的。また、漁業では、イワシを加工した魚油や肥料が世界に輸出されている。

通貨と為替レート 通貨 単位はソルSol(複数形の場合はソーレスSoles)。略号はs/.。ソルの下にセンティモCentimoがあり、100Centimo=s/.1。ソ ル紙幣はs/.10、20、50、100があり、コインはs/.1、2、5と5、10、20、50Centimoがある。
自国通貨ソルとともに、USドルも普通に使える。2005年に料金表示がソルに統一されたが、流通は行われている。ソルからドルへのレート換算は、端数が切り捨てになるためやや不利。

コインは上段がソル、下段がセンティモ。ほとんどの店でUSドルでの支払いができる
両替 両替 は両替所(カサ・デ・カンビオCasa de Cambio)か銀行(バンコBanco)、またはホテルでできる。路上での両替もごく一般的に行われており、銀行より若干レートがよいが、電卓のメモリー機能を操作してごまかされたり、ニセ札を渡されたりするトラブルも多いので、緊急時以外は避けたほうがいいだろう。また、店やホテルなど大抵の場所で はUSドルでの支払いが可能。日本から用意していくお金はUSドルの現金がベスト。日本円を扱う銀行や両替所は少なく、両替できてもレートがかなり悪い。破れた紙幣は受け取ってもらえないことがあるので注意しよう。トラベラーズチェック(T/C)での両替は、レートも悪く、また取り扱う場所も限られているのでおすすめできない。一部のホテル、旅行会社の支払いとして使えるが、コミッションが必要な場合もある。T/Cを金に替えるには、約7%の手数料をと られる。VISA、AMEXの通用度が比較的高い。

ペルー共和国の面積は約129万km2、日本の約3.4倍。エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接し、南米大陸のほぼ中央部に位置する。南半球にあるため、季節は日本と反対で、10〜4月が夏になる。南回帰線の内側にあり地図上では熱帯圏に含まれるが、地域によって全く異なる気候をもつ。国土は、コスタ(海岸砂漠地域)、 シエラ(山岳地域)、セルバ(熱帯雨林地域)と大きく3つの地域に分けることができる

【コスタCosta(海岸砂漠地域)】
ペルーの太平洋側に面した幅30〜50km、長さ約3000kmの海岸砂漠地域。首都リマはこの海岸に開けている。チャラと呼ばれる気候区分に入り、年間の平均気温は20℃前後。年間を通じてほとんど雨が降らないが、東のアンデス山脈から流れ出る川が大都市を潤す。10〜4月の夏は毎日晴天が続くが、逆に冬はガルー アという霧が立ち込め曇天となる日が多い。

【シエラSierra(山岳地域)】
標高2500m〜3500mのケチュアという気候区分に入るのが、ワラス、クスコ、プーノだ。ケチュアを越えると標高3500m〜4500mのスニと呼ばれる不毛の地域になる。標高が高くなるにつれ平地が少なくなり、急な山の斜面に広がる段々畑では、ジャガイモやキノアなどが栽培されている。標高が高いため、気温は平均して低い。日中は日差しが強いため気温も上がるが、朝晩はとても冷え込むのが特徴である。クスコは12〜2月頃が雨期にあたる。スニの上にはコルディエラ・ネグラ(=黒い山脈)があり、さらに一年中雪をかぶったコルディエラ・ブランカ(=白い山脈)のアンデス山脈へとく。このふたつの山脈の間はプナ地帯と呼ばれる平地になっていて、リャマやアルパカの放牧が行われている。

【セルバSelva(熱帯雨林地域)】
アンデス山脈を越えた東側は気候が一変する。ペルーの国土の約50%を占めるアマゾン熱帯密林地帯だ。原生林に覆われ雨が多く、蒸し暑い。平均気温は28℃だが、7〜11月の乾期の日中の気温は40℃を超えることも珍しくない。12〜3月の雨期には毎日まとまった雨が降 り、高温多湿となる。

【リマの月別平均気温と降水量】



【クスコの月別平均気温と降水量】

日本との時差は-14時間。日本が正午のとき、ペルーは前日の22:00。サマータイムは実施していない。
お申し込み
セカンドライフスタイルお薦め移住者ブログ
セカンドライフスタイルブログ
札幌経済新聞
ページ上部に戻る