トップページ > 退職者ビザについて > マレーシア
海外移住とは?移住までの流れ退職者ビザについて移住地を探す移住後のサポート
2006年3月1日施行の新制度は撤廃。2006年5月15日、再改変。査証有効期間は、パスポートの有効期間内にて最長10年間。更新可能。同時に出入国自由のソシアルビジットパスが発給。パス発給手数料は1年当たり90リンギ。就労不可、永住権の取得不可。

<50歳以上の条件(いずれかに該当する人)>
・マレーシアの銀行に15万リンギ(約450万円)の定期預金をする人。
(1年経過後に住居購入・教育・医療目的に限り、9万リンギの引き出し可)
・月1万リンギ(約30万円)の収入がある人。

<50歳未満の条件>
・マレーシアの銀行に30万リンギ(約900万円)の定期預金をする人。
(1年経過後に住居購入・教育・医療目的に限り、24万リンギの引き出し可)

<共通条件>
・2年目以降、6万リンギ(約180万円)以上の預金保持が必要です。
・定期預金はリンギ預金のみ。子供、配偶者同伴の場合の追加条件はなし。
・マレーシア国内の民間医療保険加入が必要です。

お申し込み
セカンドライフスタイルお薦め移住者ブログ
セカンドライフスタイルブログ
札幌経済新聞
ページ上部に戻る