トップページ > 移住地を探す > イタリア
海外移住とは?移住までの流れ退職者ビザについて移住地を探す移住後のサポート
世界遺産の宝庫であり、世界中の文化財の40%がイタリアにあるといわれる国。旅人なら誰でもが憧れる見所満載の街が、陽気にホスピタリティあふれる人々が迎えてくれる国イタリア。現代と古代が調和された町ローマ。ルネッサンス都市フィレンツェ。水の都であり旅情あふれるヴェネツィア。ショツピングも楽しい現代イタリアを代表する活気あるミラノ。どの街を訪れてもそれぞれに違う表情を与えてくれるイタリアの個性ある街生きる喜びにあふれ、生活を楽しむイタ リア人のなかで過ごすイタリアの旅は、私たちにも生きる喜びと新しい力を与えてくれるに違いない。
国名 イタリア
正式国名 トンガ王国 The Kingdom of Tongaイタリア共和国 Repubblica Italiana
国歌 マメリの讃歌 Inno di Mameli
面積 30万1328km2 日本の約80%
人口 5813万人(2006年7月推計)
首都 ローマ Roma
元首 ジョルジョ・ナポリターノ大統領
政治体制 共和制
民族構成 ラテン系イタリア人
宗教 カトリック(95%)
祝祭日 キリスト教に関する祝日が多い。年によって異なる移動祝祭日(※印)や各都市の守護聖人の祝日にも注意。

2007年(2008年)
1月1日 元日
1月6日 御公現の祝日
4月8日 復活祭※(2008年3月23日)
4月9日 復活祭の翌日の月曜※(2008年3月24日)
4月25日 イタリア解放記念日
5月1日 メーデー
6月2日 共和国建国記念日
8月15日 聖母被昇天祭
11月1日 諸聖人の日
12月8日 聖母無原罪の御宿りの日
12月25日 クリスマス
12月26日 聖ステファノの日

【主要都市の守護聖人の祝日】
4月25日 ヴェネツィア
6月24日 フィレンツェ、ジェノヴァ、トリノ
6月29日 ローマ
7月15日 パレルモ
9月19日 ナポリ
10月4日 ボローニャ
12月6日 バーリ
12月7日 ミラノ

通貨と為替レート 通貨単位はユーロ。略号はE(EURO、EURとも略す)。補助通貨単位はセント(¢)。イタリア語読みはチェンテージモcentesimo/複数形はチェンテージミcentesimi。1E=¢100。紙幣はE500、E200、E100、E50、E20、E10、E5。硬貨はE2、E1、50¢、20¢、 10¢、5¢、2¢、1¢。

表面は数字とヨーロッパ地図の入った、EU共通デザイン。裏面はコロッセオなど、イタリア独自のデザイン
税金 ほとんどの商品にIVAと呼ばれる付加価値税が10〜20%かかっている。EU以外の居住者は、1店舗E154.94以上の買い物をし、所定の手続きをすれば、手数料などを引いた税金が還付されるシステムがある。買い物をするときや帰国時には、忘れずに手続きをしよう。

南北 に細長く、温暖で四季がはっきりしている。日本の気候とよく似ており、ミラノ、ローマも東京の気候とさほど差がない。ただ、朝夕の温度差が大きく、冬季は かなり寒く、シチリア島でも雪が降ることもある。夏は乾燥し、雨は冬にやや多い。緯度が高いので、夏は夜遅くまで明るい。

【イタリアと東京の気温】



【イタリアと東京の降水量】
日本との時差は-8時間。イタリアの朝10時が日本では夕方6時となる。サマータイム実施時は7時間の差になる。サマータイムの実施期間は3月の最終日曜から10月の最終土曜日まで。ただし、変更される年もある。
お申し込み
セカンドライフスタイルお薦め移住者ブログ
セカンドライフスタイルブログ
札幌経済新聞
ページ上部に戻る