トップページ > 退職者ビザについて > フランス
海外移住とは?移住までの流れ退職者ビザについて移住地を探す移住後のサポート
フランスで生活するのに充分な年金または金利収入などの国外定収がある人が対象。年令不問。金額規定はとくにありません。審査当局の判断に依ります。査証の有効期限は3ケ月のため、入国後8日以内に県庁または警察にて臨時滞在許可証を申請取得します。滞在期間は1年毎の更新が必要。滞在期間をカバーする医療保険加入が必要。在日大使館申請。現地申請不可。発給まで所要2〜3ケ月、手数料35ユーロ。外国人名義での土地購入は可能。

<海外領土適用>
フランスの海外領土についてもリタイアメント査証が適用されますが、対象地域を特定して申請。査証取得後、入国から8日以内にフランス海外県事務所で滞在許可証を取得します。
※南米/仏領ギアナ
※中米/グァドループ、マルチニーク、セント・マーチン
※北米/サンピエール&ミクロン(カナダ東部沖)
※アフリカ/レ・ユニオン、マヨット島
※太平洋/フレンチポリネシア、ニューカレドニア、ワリス&フツナ諸島

<必要書類>
申請書と写真5枚/パスポート/日本の住民票と出生証明/無犯罪証明書/年金受給者証明または銀行証明、財務保証/無犯罪証明書/医療保険加入誓 約書/就労しない旨の誓約書/婚姻証明(配偶者同伴の場合のみ)/現地不動産所有権・賃貸契約書など住居の確保を示す書類/他、要求される書類
お申し込み
セカンドライフスタイルお薦め移住者ブログ
セカンドライフスタイルブログ
札幌経済新聞
ページ上部に戻る