トップページ > 退職者ビザについて > オーストラリア
海外移住とは?移住までの流れ退職者ビザについて移住地を探す移住後のサポート
廃止された旧制度に代わる新制度。2005年7月1日実施。55歳以上で、求められる投資を行うことができる人を対象にした、一時滞在査証。滞在期間は4年毎の更新制。更新時には資格条件承認が必要です。また、週20時間以内の就労が認められます。

<対象資格>
・55歳以上で、配偶者を除く扶養家族がいないこと。配偶者は年令不問。
・州または準州のスポンサードが得られること。
・投資は、州または準州の州債を購入する方法で行うこと。
・滞在期間をカバーする民間健康保険に加入すること。
・充分な資力などを有し、規定の年収が維持できること。
・無犯罪であること。健康診断規定にパスすること。
・申請料と更新料は8千豪ドル、互助費用として充当。申請用紙はFORM 1249。

<資産・投資条件>
■地方都市・人口増加率の低い地域に居住する場合
・50万豪ドル以上の資産提示と5万豪ドル以上の年間所得証明
(資産提示・年間所得証明は配偶者との合算可能)
・50万豪ドル以上の債権投資
・査証更新時は25万豪ドルの州債維持

■地方都市・人口増加率の低い地域に居住する場合
・75万豪ドル以上の資産提示と6万5千豪ドル以上の年間所得証明
(資産提示・年間所得証明は配偶者との合算可能)
・75万豪ドル以上の債権投資
・査証更新時は50万豪ドルの州債維持
お申し込み
セカンドライフスタイルお薦め移住者ブログ
セカンドライフスタイルブログ
札幌経済新聞
ページ上部に戻る